木曽五木、クロベ(ネズコ)のご紹介!!


木曽五木、クロベ(ネズコ)のご紹介です。
ヒノキ科クロベ属。クロベは木材になるとネズコという名で呼ばれております。
北米など世界に5種あり、日本にはクロベの1種がある。黒部杉ともいわれ、富山県の黒部地方に特に多いのかというとそうとも限らず、東北、関東および中部地方の 中央山地と裏日本には全般的に分布しております。また、四国の山地、近畿、山陰などにも点在しています。しかし、ヒノキやスギと異なり植林された所がなく、天然木であるため、木材としての生産量は少ないです。長野ではヒノキやサワラと混生し、他にアスナロやコメツガと混生している所も見られます。温帯林内でヒメコマツ、コメツガ、ブナ、ミズナラなどと混交する。ヒノキやサワラにくらべ寒地によく耐え、やせ尾根や 岩の間でもよく育つ力強い木です。高山の高木限界以上では低木形となり、ハイマツと混生する。木曽地方で、クロベはヒノキ、サワラ、アスナロ、コウヤマキと混交し、合わせて木曽五木といわれております。
樹木として立っている時は葉っぱ等がヒノキと似ており黒桧という当て字をされています。

「ささめい」
http://www.sasamei.com/


木曽五木、サワラのご紹介!!


木曽五木、サワラのご紹介です。
国産材のサワラは、ヒノキ科の常緑針葉樹です。サワラという言葉の意味には「さっぱりした」という意味があり、樹名はこの意味に拠ります。
日本特産の樹木で、本州北部から中部、中国地方九州まで分布しております。
特に木曽地方、飛騨地方に多く分布しており江戸時代には、「木曽五木」の一つに指定され手厚く保護されていました。山中に自生し幹高は30mにもなります。
返心材の区分は明確で、辺材は白色、心材はくすんだ黄褐色です。木理は通直、肌目は微密ですが、ひのきと比べると粗く、光沢や香りは少ない樹木です。
保存性は中庸、経軟な材質で水湿への耐性が非常に高く小判型のサワラの風呂桶が有名です。切削などの加工が容易で、乾燥も容易ですが、割れやすい性質です。材質がおとなしく狂いが少ないため、建具の中銭にも好んで使われます。
構造用として建築材や器具材、造作材の板類、家具材、浴槽、樽の他、障子、襖の材料、香りが少ないため、飯台や飯櫃として用いられています。
檜に似ていますが、葉の裏面の白斑の形状で区別できます。(サワラはV字、檜はY字)

「ささめい」
http://www.sasamei.com/


木曽五木のご紹介!!


  • 木曽五木とは
    ヒノキ、サワラ、ネズコ、アスナロ(ヒバ)、コウヤマキの5種類が木曽五木となります。1600年頃(徳川時代)、築城や武家屋敷の建築が盛んになり木曽谷からも大量の木材が伐採され、無尽蔵と考えれていた木曽谷の森林木材資源も急速に減少していきました。そのため管理を任せれていた尾張藩は木曾谷全域に渡り貴重な木材となった、ヒノキ、サワラ、ネズコ、アスナロ(ヒバ)、コウヤマキを停止木(ちょうじぼく)として伐採禁止にしたことが木曽五木の由来と言われております。
  • 江戸時代の尾張藩の森林保護政策
    現在の赤沢休養林一体を「留山(とめやま)」という一番厳しい保護森林に指定し、ヒノキに触れることはもちろん、ヒノキの山に足を踏み入れることすらご法度で、万が一無断で伐採しようものなら、「ひのき一本首一つ」と、このうえない厳しい処分がありました。
    その他にも厳しい順に、「巣山(もとやま)」、「明山(あけやま)」、「鞘山(ささやま)」、「預山(あずけやま)」と尾張藩独自の山の保護ランクを付け行い管理を行いました。この保護政策は規範となり全国各藩に採用されていきました。

「ささめい」
http://www.sasamei.com/


日本三大美林、木曾ひのき!!


木曾ひのきのご紹介です。
木曽ひのき長野県の南西部、木曽川上流の渓谷「木曽谷」に生息する、樹齢300年以上のの天然のひのきは木曾ひのきまたは尾州ひのきと呼ばれます。現在では長野県の信州に当たりますが、江戸時代にはこの辺りは徳川御三家のひとつ、尾張徳川家の領土であったため、尾張の別称である「尾州」の名が冠され、現在でも大工や材木屋などでは「尾州」という名で呼ばれています。
木曾ひのきは、20年毎に行われる伊勢神宮の遷宮の際に使用される御神木としても有名です。木曾ひのきは、生育が遅く長い年月をかけて育ちます。そのため年輪の幅が細かくつんで、杢目が微密になり、これが天然のひのきの証であり、造林材との違いです。
木肌は滑らかで、香気と光沢に富み、とても美しい表面に仕上がります。加工の際には狂いが少なく、高い強度、耐久性を誇ります。
近年では、この木曽谷から切りだされるひのきに大径木のものが少なくなり、希少材となっております。
木曾ひのきは江戸時代には「木曽五木」の一つに指定されていました。

「ささめい」
http://www.sasamei.com/


日本三大美林、青森ひば!!


青森ひばのご紹介です。
「ひば」は大きく区分すると北方型と南方型に別れます。
青森ひばは北方型で、学名を「ヒノキアスナロ」といい、本州中部以西名ある南方型を「アスナロ」といいます。青森ひばはアスナロに比べ蓄積も豊富で材質的にも優れていて、古くから神社仏閣、城の建築材として珍重され使われてきました。
青森ひばという名前は通称であり、正式にはヒノキ科アスナロ属の針葉樹といいます。
全国の原材料のおよそ7割が青森県の津軽・下北両半島に存在しています。
青森ひばの材質は耐候性、耐湿性にすぐれ、ひば材を使用した建築物には、
中尊寺金色堂など、現存する文化財もたくさあります。
また、青森ひばにはシロアリが忌避性を示す物質を持っており、シロアリが青森ひばを食べた場合、ひばの抗菌成分がシロアリの腸内に共存原生菌を死滅させ、消化出来なくなりシロアリ自身を死滅させます。
現在は青森ひばを保護する目的で、平成13年度より政府による伐採量の調整が行われており、保護育成のために、青森ひばの伐採量を大幅に削減し、伐採も今まで以上に計画的に行われています。

「ささめい」
http://www.sasamei.com/