木曽五木、サワラのご紹介!!


木曽五木、サワラのご紹介です。
国産材のサワラは、ヒノキ科の常緑針葉樹です。サワラという言葉の意味には「さっぱりした」という意味があり、樹名はこの意味に拠ります。
日本特産の樹木で、本州北部から中部、中国地方九州まで分布しております。
特に木曽地方、飛騨地方に多く分布しており江戸時代には、「木曽五木」の一つに指定され手厚く保護されていました。山中に自生し幹高は30mにもなります。
返心材の区分は明確で、辺材は白色、心材はくすんだ黄褐色です。木理は通直、肌目は微密ですが、ひのきと比べると粗く、光沢や香りは少ない樹木です。
保存性は中庸、経軟な材質で水湿への耐性が非常に高く小判型のサワラの風呂桶が有名です。切削などの加工が容易で、乾燥も容易ですが、割れやすい性質です。材質がおとなしく狂いが少ないため、建具の中銭にも好んで使われます。
構造用として建築材や器具材、造作材の板類、家具材、浴槽、樽の他、障子、襖の材料、香りが少ないため、飯台や飯櫃として用いられています。
檜に似ていますが、葉の裏面の白斑の形状で区別できます。(サワラはV字、檜はY字)

「ささめい」
http://www.sasamei.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です