木曽五木、クロベ(ネズコ)のご紹介!!


木曽五木、クロベ(ネズコ)のご紹介です。
ヒノキ科クロベ属。クロベは木材になるとネズコという名で呼ばれております。
北米など世界に5種あり、日本にはクロベの1種がある。黒部杉ともいわれ、富山県の黒部地方に特に多いのかというとそうとも限らず、東北、関東および中部地方の 中央山地と裏日本には全般的に分布しております。また、四国の山地、近畿、山陰などにも点在しています。しかし、ヒノキやスギと異なり植林された所がなく、天然木であるため、木材としての生産量は少ないです。長野ではヒノキやサワラと混生し、他にアスナロやコメツガと混生している所も見られます。温帯林内でヒメコマツ、コメツガ、ブナ、ミズナラなどと混交する。ヒノキやサワラにくらべ寒地によく耐え、やせ尾根や 岩の間でもよく育つ力強い木です。高山の高木限界以上では低木形となり、ハイマツと混生する。木曽地方で、クロベはヒノキ、サワラ、アスナロ、コウヤマキと混交し、合わせて木曽五木といわれております。
樹木として立っている時は葉っぱ等がヒノキと似ており黒桧という当て字をされています。

「ささめい」
http://www.sasamei.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です