タモの木のご紹介です!!


タモの木のご紹介です。
国産材・タモは、トリネコ属の落葉広葉樹です。「谷地だも(ヤチダモ)」とも書かれ、「だも」は「たぶのき」が転じた名称です。湿った産地に多く、北海道に多く生育しています。本州北部、中部にはごくわずか分布し、樺太、朝鮮、中国、ロシアにも生育しています。辺心材の境界は明瞭、辺材は淡い黄白色、心材はくすんだ褐色をしており、美しい杢を有するものもあります。木理はほぼ通直で肌目は粗く、材は重硬で、加工性・割裂性・表面仕上げ・耐朽性はともに中程度ですが、靭性、弾力性に富みます。
ナラ、ブナ、樺桜とともに、家具材として用いられる一般的な木材であり、その他の用途は建具材、造作材、器具材、化粧用単板、内装用合板、ベニヤ材、土木材など。さらに、弾力性に富む性質を生かし、バット、ラケット、スキー板などの運動具の材料として、世界的に重用されています。
年輪のくっきりした環孔材であるため、よく成長し年輪幅が広いと比重が高く、成長が悪いと軽軟になる傾向があり、運動用具に加工するには成長の良いものが、家具用材に加工するには成長の良くないものが、それぞれ好まれます。

「ささめい」
http://www.sasamei.com/

タモの無垢のお箸のページ
http://www.sasamei.com/690.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です