熟成樽が有名な、楢(ナラ)の木!!


楢(ナラ)の木のご紹介です。
楢(ナラ)、ミズナラは、北海道、本州、四国、九州に広く分布する国産材です。樺太や朝鮮、ロシアやモンゴル、中国にも生育しており、流通しているものは主に中国産、ロシア産です。
辺材は淡い紅色を帯びた白色で、心材はくすんだ淡い褐色、辺心材の境目は明瞭です。木理は交錯、肌目は粗く、柾目面に虎斑(とらふ)と呼ばれる虎の毛並みに似た独特の紋様があります。
伸張、反張しやすい樹木で、特に乾燥すると割れが生じやすいため注意が必要です。耐朽性は中程度、強硬で加工性はやや悪いものの、通気性に配慮すれば長期間の使用に耐える、重厚感のある木材です。
切削などの加工は難しく割裂しやすいので、釘打ちなどを行う場合は予備穴を開けておく必要があります。
用途としては、床板、合板、内装、建具、家具、桶、樽、欧風棺、洋酒樽などに加工されます。ブナとともに、曲木の材料として適しています。
近年ではウィスキーの熟成樽としても、国際的に高い評価を受けています。

「ささめい」
http://www.sasamei.com/

ナラの無垢のお箸のページ
http://www.sasamei.com/691.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です