日本の木材を使って、森林育成に貢献しよう!!


日本の木材を使って、森林育成に貢献しようというお話です。
神奈川をドライブすると、山の多さを感じる方も多いのではないでしょうか。首都圏に位置しながらも、県の面積の約4割を丹沢大山や箱根といった山々をはじめとする森林が占め、その広さは5000ヘクタールにもなります。
丹沢だけでも札掛のモミ林、大洞の欅林、堂平のブナ林、諸戸の杉林、桧林などがあります。これらの森林から伐採される国産材は「神奈川県産材」と呼ばれます。
最も多く造林されているのは杉です。赤みがありハッキリとした木目が美しく、柔らかい材質は加工が容易で、柱、天井板、壁の内装材などに用いられます。
桧は杉に比べ白く、仕上げ面には美しい光沢があり、独特の芳香があります。耐久性、耐湿性が高く、土台、柱材、内装材に使用されtています。
多くの恵みをもたらす日本の森林では、手入れ不足による荒廃の深刻化が問題となっており、神奈川県でも、行政をあげて森林再生への取り組みが行われています。
神奈川県内で生産された素材を、神奈川県内の製材工場等で加工した木材を「神奈川県産材」とし、生産業者と製材工場に対し「かながわ県産材産地認証」が行われます。
この認証を受けた業者を利用すれば、神奈川県産材を利用し、神奈川県の森林育成に貢献することができます。

「ささめい」
http://www.sasamei.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です